こんにちは。

治療家セミナーを主宰させて頂いております甲地直矢です。

 

筋肉弛緩セミナー日程が決定しました!

6月21日(木)12:00~18:00

6月23日(土)12:00~18:00

【 内容 】

1:フニャフニャになる筋肉弛緩法

(頸部~肩・腰部筋)座位・側臥位・腹臥位・仰臥位編

2:上半身と下半身を使った筋肉弛緩法

 

 

とことん筋肉治療の、この治療家セミナーでは

システム的に、筋肉弛緩セミナーから各症状別治療法になって行くのですが

6月の筋肉弛緩セミナーの日程が決定しました。

 

 

文字通り、筋肉がブニャ~っと弛緩するテクニック。

これ、マジで習得するとメリットづくめですよ。

 

 

筋肉治療をおこなっている治療家の多くは

技術的に、底辺にある技術が「筋肉弛緩」だと思うんです。

 

 

筋肉を弛緩させて、

痛みを改善させたりROMを改善させたりして行くと思うんです。

 

 

筋肉弛緩において、壁に当たっていたり

さらに、レベルを上げていくとどうでしょうか?

 

 

例えば、この治療家セミナーの筋肉弛緩の方法を知って

痛みの原因だろう思うところが

筋肉弛緩によって解決できなかったものが解決出来たり

 

 

先生の自信もつき、患者さんにその自信が伝わり

さらに、治療効果が上がってくることは簡単に予想がつきます。

 

 

セミナーに参加するだけでそれらの気づきがあるなら

参加した方が良いですよ。甲地が言うのは何ですけど。。。

 

 

このセミナーは、筋肉治療に特化しています。

ご存知の通り、治療業界の技術には流行り廃りがあるじゃないですか?

 

 

この治療家セミナーは、筋肉治療一本です。

その技術だけで、多くのテクニックをカバーしています。

例えば、内臓治療もそうです。

 

 

さらに、明日ですが甲地からこのコラムをお読みくださるあなたに

筋肉弛緩セミナーに関する大きなプレゼントを考えています。

 

 

明日のコラムでそのプレゼントをお伝えしようと思います。

甲地のプレゼント、普通にありえないことをやったり

超~得なことをおこなったりします。

 

 

但し、超~得な情報なので期間限定でおこないます。

明日の午前か、午後かのコラム見逃さないでほしいんです。

 

 

また、多くの治療家の先生が参加しておりますが、

再受講に関しても特典をお伝えさせて頂きます。

 

 

さて、お話は変わりまして、昨日の治療家セミナーのコラムでは

大腰筋弛緩について、2次的な反応を見て治療する方法を考えて行きました。

 

昨日の治療家コラム(大腰筋弛緩について)

⇒ https://massage-shiatsu24.com/2018/04/27/%E3%80%90%E6%B2%BB%E7%99%82%E5%AE%B6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%80%91%E5%A4%A7%E8%85%B0%E7%AD%8B%E3%82%92%E7%B7%A9%E3%82%81%E3%82%8B%E6%99%82%E3%81%AE%E8%A7%A6%E5%AF%9F%E6%B3%95/

 

今日は、大腰筋弛緩の方法がいくつかあって

その中の弛緩法になりますが、鼠蹊部の筋裂孔を標的とした筋弛緩法の考え方です。

 

 

その評価方法などもレクチャーさせて頂きました。

まず、大腰筋弛緩は、なにわともあれ評価が必要じゃないですか?

評価がないと、どれくらい筋肉が弛緩したのか分かりませんし。。。。

 

 

筋裂孔を標的とした大腰筋弛緩とは!?

コチラになります。

☟             ☟

 

明日のコラムをお楽しみにしておいてください。

筋肉弛緩セミナー、このテクニックは面白い!!!

 

肩関節周囲炎の治療に効果的な、肩甲下筋の触察法

 

筋肉治療において筋肉の触診は大事じゃないですか?

そうです。肩関節周囲炎の治療なら先ず、肩甲下筋は治療ポイントですが、正しい触察法。

このテーマを動画でレクチャーしています!

こういった触察がベストです!

 

その触察法を見たい方はコチラ!

☟             ☟

肩関節周囲炎の治療に効果的な、肩甲下筋の触察法のやりかた