こうち式整体セミナーの上級セミナーになるとテーマは各症状別の施術法になります。

こうち式整体セミナーの内容としての目的としては重症の症状にアプローチをし短時間で痛みを消失させていく。という目的です。そして、それはとても安全なアプローチです。

大きくひねったりは全くしません。強い力も必要とはしません。

そして、患部を触らずして痛みを消失させていきます。間接法の整体テクニックになります。

例えば、明日の東京での重症膝痛ですがこれらも、ほぼ膝を調整することなく他の部位の調整で痛みを消失していく方法です。

明日おこなわれる、こうち式整体セミナーの各症状別施術法セミナーのテーマは、歩くだけで膝に激痛。曲げるだけで膝が痛い。という膝の重症版をイメージした方法ですがこういった場合でも

まずは、その膝は整体の管轄がどうか?病院の管轄かどうか?を見極める検査をしていきます。

あとは、すべて筋肉の調整で膝痛の痛みを消失していきます。

膝痛のばあい、神経は腰椎から大事な神経が発していますので腰痛と似た様な調整になりますが重症になると、ちょっと変わってきます。

膝痛でなかなか結果が出にくいのはそういったイレギュラー的なもの。

そして、身体の歪みを消失させる以外の調整法をおこなっていかないとなかなか結果が出ない事。痺れやヘルニアなどの施術法も含まれます。

ヘルニアなどはリラクゼーション系に携わる方も必ずと言っていいほど出くわす症状ではないですか?

ヘルニアなどは、まず程度を知ることですよね。例えば、病院とか整形でMRIまで撮って診断を受けたなら話は通りますが

「自分はヘルニア?」と思って自分診断でヘルニアと訴えてくる方もいらっしゃいます。

また、15~20年前にヘルニアの診断をされヘルニアと言ってくる方もいます。

なぜ、ヘルニアだと注意するのかというとその患部を触れないからですよね。

ヘルニアの場合、椎間板が飛び出ている度合いにもよりますし15年くらい前のヘルニアであればすでに椎間板は自然に椎体と椎体の間に収まっている可能性が大です。

また、分からなければヘルニアのテストを行っていく。これが大事ですよね。

こうち式整体セミナーの内容としては、患部を触らずして痛みを消失させることができます。

腰椎ヘルニアなどはすごく効果があります。重症疾患にとても強いテクニックです治療系の方であれば身につけたいテクニックですよね。

ご自身が痛みがなくなってくるのを実感できるのがリピート率にもつながります。

そんなヘルニア施術も今日はレクチャーをします。2か月前には満員のセミナーです参加された方の期待度が伝わります。