神技整体セミナーを主宰させて頂いております甲地直矢です。

https://massage-shiatsu24.com/

————————————————————–

【痛みの原因特定する方法を知りたくないですか?】

筋肉を弛緩させ、骨盤や関節の矯正も可能にしてしまう

新しい整体テクニックが存在します!

リラクゼーションや治療系すべての手技に落とし込めます!!

※コンサルティング付き!!

詳細と残席状況・お申込みなどご確認はこちらです。

https://massage-shiatsu24.com/schedule/

—————————————————————

神技整体セミナーは

筋肉を深部筋まで弛緩させて、

骨格を自然矯正させ

内臓調整をおこないながら

自律神経にアプローチをかけていきます。

本質的には、原因をアプローチしていき

オーダーメイド的な施術を構築していくその醍醐味は

 

 

 

 

結果、短時間で改善できるという結果が伴うため

施術者としては、とても醍醐味が存在します。

 

マニュアルはもちろん存在します

しかし、原因部位や原因箇所を見ていくと、

 

 

 

皆が同じ原因ではないため、

1人のクライアント独自の施術法になります。

さて、今日のテーマは「鼠蹊部」を考えます。

神技整体セミナーでは、

 

 

 

 

鼠蹊部は下肢や腹部に

重要部位だと理論つけております。

 

 

とにかくエッジの効く部位です。

解剖学的に見ると血管・神経・筋肉が通っており

 

 

 

ムチャクチャ大事なところで、

症状の痛みや痺れの原因になっていることも多く

 

 

 

 

施術者は、症状によっては

鼠蹊部を見逃せないことも多いです。

 

 

寛骨筋1

鼠蹊部は見逃せない部位であり、

アプローチ効果は計り知れない。

 

 

実は、骨盤の歪みも

恥骨の矯正をしながら矯正をしていくことで

 

 

戻りの問題もかなりの効果が得られるし

また、長年の腰痛症状による効果的なアプローチができます。

 

 

 

この部位は、仙骨・鎖骨との関連性があります。

仙骨が緩むと、恥骨(鼠蹊部)が緩みます。

 

施術者の型のことを、

このコラムでは何度がお伝えさせていただいておりますが

 

 

 

施術効果を出すための、

施術者の型は、

仙骨と鼠蹊部がゆるんでいることが基本なんです。

——————————————————-

「施術者の型」についてはこちらのコラムをお読みください。

☟         ☟

 

治療家全てに繋がる「結果を出す」施術者の心得と体得法


—————————————————-

 

 

人間の体は、仙骨と鼠蹊部が緩むことで

中心軸が作られ、左右前後のバランスが整います。

 

 

これは、施術に使わない手はありません。

 

 

痛みや痺れなど、発症している体は、

仙骨と鼠蹊部(恥骨)の歪みがあることが多いです。

 

仙骨と恥骨(鼠蹊部)の関係性など、セミナーでも

理論と実技(テクニック法)を

アドバンスと師範セミナーで詳しくおこなっていきます。

 

仙骨と恥骨の緩め方、知りたくありませんか?

セミナーに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://massage-shiatsu24.com/contact/