急性腰痛(ぎっくり腰)の治療は、治療家であれば当然というか

結構施術しませんか?1回もやったことがない。というのはあまりないと思うんですね。

 

 

甲地が主催している治療家セミナー(神技望診セミナー)では

各症状別治療法において急性腰痛はテーマとしておこなって行きます。

 

 

正直、私たち治療家が施術する時って当日発症して

動けない状態からの治療がほとんどだと思います。

 

 

急性腰痛(ぎっくり腰)を発症して

抱えられながらやっと治療ベッドに移動する。

 

 

急性腰痛の治療ですが、電気治療をする先生もいらっしゃいますし

はり灸の先生であれば、鍼を打って治療する先生もいます。

 

 

当セミナーは、筋肉治療なので特定の筋肉をアプロ―チ治療し

関節などを矯正し、急性腰痛の施術をおこなっていきます。

 

 

今日は、当セミナー(神技望診セミナー)の急性腰痛の治療の流れや

そのポイントなどを動画とコラムを使いながらご説明をさせて頂きます。

 

 

当治療家セミナーの急性腰痛の治療法におけるポイント

 

急性腰痛の治療法は筋肉治療に特化している当セミナーの技術は

相当上手く当てはまり、結果が出やすい。

 

急性腰痛は、苦手という治療家の先生も多く、甲地もよく相談を受けます。

やはり、相当痛がる患者さんを目の前に焦ってしまう気持ちもあります。

 

 

当セミナーの治療テクニックは、急性腰痛の疾患に対して相当期待が出来ます。

甲地も、この技術のみで急性腰痛を治療しますし、

今までの結果や実績で自信をもっている症状です。

 

 

ここでは、急性腰痛の症状に対して

どのような原理で症状が発症するのかを考えて行きます。

 

 

1)急性腰痛(ぎっくり腰)は筋肉や腱の歪みやねじれにより生じている

何故、急性腰痛の治療で、電気をかけて筋肉にアプローチをしたり

鍼をつかって筋肉にアプローチをかけたり、

筋肉へのアプローチが効果があるのかと言いますと

急性腰痛を引き起こす原因の多くが筋肉にあるということがあります。

 

 

特に、脊柱起立筋群・腰部筋でいう腰方形筋などの歪みが生じていると考えられます

筋肉の硬結や、骨の歪みにより元にあった筋繊維の状態がスパズムを起こしていると考えられます。

 

急性腰痛を発症して当日の治療が多いのですが

当日の場合は腰部~仙骨の間の治療に徹します。

 

このコラムでも、腰方形筋と脊柱起立筋群は触察をすると

若干の位置が違います。そこを間違わないように触察をおこない

軽く抑え込みながら、どちらの筋肉がどの程度、

どの位置に歪みが生じているのかを触察します。

 

体位は側臥位です。下肢は屈曲させ体幹部を屈曲状態にして治療します。

 

 

側臥位での腰部が終了したら仙骨状(仙骨孔)の部位の治療にあたります。

ここは、そうです。広背筋と脊柱起立筋群があり、とても重要なポイントです。

 

多くは、この部分を軽く圧しても痛がったりはしません。

なので、どの部分に筋肉や腱の歪みが生じているのかを

細かく触察をして治療をして行きます。

 

 

側臥位での重要な筋肉や部位は

脊柱起立筋群・腰方形筋・広背筋になります。

 

2)大腰筋の治療をおこなう

多分、このコラムをお読みになってくださっている治療家のあなたであれば

 

「急性腰痛に大腰筋がないのはおかしいだろ?」

 

と思っているかもしれません。答えは

「はい。その通りです」

 

急性腰痛に大腰筋を考えないのはやはりありえません。

大腰筋が原因とかは別にして、大腰筋の工程は必ずあります。

 

当セミナーの治療法としては、側臥位でおこなって行きます。

上記に記した治療の流れでおこなって行くのですが

大腰筋の治療においては

 

「急性腰痛の原因筋になっているのか?」ということを評価しながら治療します。

例えば、確かに多くは大腰筋治療で大分改善はします。

 

何故なら、その前に脊柱起立筋群や、腰方形筋などの治療をおこなっていて

大腰筋への負担が改善されているのもあります。

 

 

脊柱起立筋群・腰方形筋・広背筋・大腰筋などを治療すると

ある関節が反応を起こします。

 

その関節はとても急性腰痛の治療効果を発揮します。

今日の動画では、急性腰痛の治療についてレクチャーをさせて頂きました。

動画を見て、急性腰痛の治療の詳細を確認してみてください。

☟            ☟

 

医療国家資格保持者・治療家・スポーツトレーナーを対象とした

筋肉弛緩セミナー日程!

〇 11月29日(木)13:00~17:00 

 

【 内容 】

1:フニャフニャになる筋肉弛緩法

(頸部~肩・腰部筋)座位・側臥位・腹臥位・仰臥位編

2:上半身と下半身を使った筋肉弛緩法

お申し込みはこちら⇒ https://massage-shiatsu24.com/contact/

———————————————

 

 

斜角筋・腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)筋肉弛緩

重要筋の筋肉弛緩についてコラムを記してみました。

「感覚」というキーワードを使っています。

 

どういうことなのか?

 

こちらをクリックしてください!

☟         ☟

神技望診治療セミナーの筋肉弛緩法とは!?