治療家の技術セミナー

神技(望診)整体セミナー

甲地直矢です。

 

 

 

毎日、全国のセラピストや

治療家の先生からメッセージを頂きます。

ありがとうございます。

 

 
神技整体セミナーのアドバンスで

頚椎症と重度の上肢しびれのセミナーがあるのですが、

 

 

 

昨日、コラムで頚椎症・上肢痺れに対する

コラムを書かせていただきました。

 

 

 

昨日の頚椎症・上肢痺れアプローチ法の

詳細コラムはこちらです。

 

☟            ☟

頚椎症・上肢痺れ 治療関節・筋肉ポイント(動画レクチャーあり)

 

 

 

頚椎症と上肢痺れに対する施術法においては

神技整体セミナーの整体技術の中でも

 

 

 

本当に重要で、且つ施術結果が一目でわかるほど

効果のある施術法でもあります。

 

 

 

 

 
頚椎症・上肢痺れの施術法は

神技整体セミナーでおこなっている

 

 

 

 

短時間筋肉弛緩法と、

痛みの原因特定法の検査法の両方が

トータル的に平均しているのが特徴です。

 

 

 

 

中には、原因特定法ばかりおこなって行く方が

施術結果が出やすい症状もありますし

 

 

 

 

逆に、筋肉弛緩法をメインにおこなって行った方が

施術結果が明らかに出る症状もあります。

 

 

 

 

 

頚椎症・上肢痺れの施術法においては

筋肉弛緩法と原因特定検査法の両方の工程が

バランスよくおこなえば、施術結果は出ます!

 

 

 

 

神技整体セミナーでは、頚椎症・上肢痺れ治療をどのように考えるのか?

 

 

 

上記にも記した通り

頚椎症・上肢痺れは、

 

 

 

筋肉弛緩法(30秒~60秒ほどで筋肉が緩む)

 

原因特定検査法(痛みの原因はどこから来ているのかを判断する検査法)

 

 

この2つを並行しておこなっていける

数少ない疾患になり、この方法が

頚椎症・上肢痺れ治療法には最適な方法です。

 

 

 

そのため、神技整体セミナーでおこなっている

整体技術をどの程度習得しているのか?

 

 

また、症状に対して、改善出来たら

何が上手く行ったのか?

 

そういった、施術における研究や

考察も出来るので、

 

 

 

 

 

頚椎症や上肢の痺れに対して

数多く施術を研究すると

もの凄く、技術レベルが上がります、

 

 

 

 

 

昨日のコラムの続編になるのですが

頸部筋や肩の筋肉に関係する部位は

 

 

 

 

その基本となる

頸椎や頸部筋へのアプローチは大事なんです。

 

 

 

 

頸椎と関わる関節だと

 

撓側手根関節や胸鎖関節の関係や

筋肉だと長母指屈筋や前脛骨筋との関係。

 

 

 
撓側手根関節と

恥骨結合がつながっていることや

 

 

 

 

長母指屈筋は、ほとんどの症状に関与し

胸椎の1~3番の可動にも関与、

 

 

 

 

若干肋骨も引き上げながらアプローチしすると

頸椎の回旋が一気に変わることなど

 

 

 

 

まだ面白い発見もあるのですが

結局、頸椎や頸椎周囲筋の攻略が

 

 

 

結果そのものを変え、

施術の組み立てを変えていきます。

 

 

治療家の技術セミナー

神技整体セミナー

甲地直矢