筋肉治療にて効果を出すための一番の重要部位がココ!

筋肉治療をおこなっている治療家の方は多いです。

何故、筋肉治療を選択するのか?

そして、筋肉治療にて抜群の効果を出すために一番の重要部位を考えて行きます。

 

筋肉治療をおこなっていると、多くの驚きと発見を出くわすときがあります。

時には、治療家の予想を上回る臨床上のデーターを発見する時もありますし、また治療効果的に考えられないくらいの効果を実感する時があります。

 

当セミナー・神技望診治療セミナーの筋肉治療を専門としている治療家セミナーでも

こういったデーターを元に全データーをセミナーではお伝えし、参加者の皆さんはものすごい治療結果を出しているんですね。

 

こういった筋肉治療を選択する治療家は、矯正系やエネルギーテクニック、自律神経系などのテクニックに比べ

圧倒的に多いです。何故、治療家は筋肉治療を選択するのか?考えてみましょう。

 

 

何故、治療家は筋肉治療を選択するのか?

圧倒的に多い、「筋肉治療をおこなっている治療家」

そこには、当然ですがメリットが多いためなのですが、ここでは

筋肉治療のメリットを考えて行こうと思います。

 

世の中には、多くの治療法が存在しますよね?

甲地も良く知らない治療法も多々あります。私の場合は、一貫して筋肉治療一筋です。

20年くらい筋肉治療をおこなっていると、多くのデーターが積みあがってきますし

一番は、

 

「こういった症状には〇〇の部位を治療する」

 

といった、感覚的な部分です。この感覚的な部分が多くの治療を助けてくれています。

筋肉治療の良いところですが、こういった感覚的な部分を使って治療するじゃないですか?

そこで、たとえば感覚的なものを使って治療して、それが見当違い、間違った選択をしたとするじゃないですか?

 

 

これが、骨格の矯正系だったらやばいですよね?

余計に体を壊してしまう危険性だってからんでいますよね?

 

 

痛みの原因がL4・RPだったとして、Lpと間違えてアジャストメントをして

余計に悪くしてしまう。。。甲地はこれを考えただけでも「ヤバイなぁ」と思うんですね。

 

 

筋肉治療だったらどうでしょう?じつは、甲地、色んなところで「間違い」をやっています。

間違いとは見当違いのことを示しているのですが、この「間違い」をおこなっても影響はないんです。

 

 

要は、筋肉治療の場合ですが、治療は筋肉弛緩がメインになってくる場合が多いんですね。

筋肉弛緩ですから、問題はないんです。逆に、筋弛緩ですから「間違い」を犯しても

痛みは取れないけど(原因筋が違うため)、弛緩をさせているので他の筋肉などには良い影響を与えているわけです。

 

 

筋肉治療のメリットとして、痛みの原因筋を間違えても

痛みは取れないけれど、患者さんの身体には悪いことはなく治療に影響は出ない。

そして、原因筋の間違いを犯しても、次なる原因筋を探って原因を判明させ治療をおこなって行けばいいわけです。

 

 

要は、筋肉治療を行うメリットは、安全であり治療経験が浅くても

問題なく治療に当たれることが出来るんですね。

 

 

筋肉治療をおこなっている治療家の先生へ

 

筋肉治療をおこなっている先生は多くの考えを持ちながら治療をしていると思うのですが

共通して大事な事は、「原因筋」を見つけ出すことじゃないですか?

 

 

結局、治療は「原因を特定すること」に集約されてくると思うんですね。

疼痛レベルが上がって、重症であればあるほど「原因筋」を早い段階で見つけると楽ですよね?

 

 

当セミナー・神技望診治療セミナーの各症状別治療法では

各症状において、(腰痛・膝痛・頚椎症・50肩など)

全データーを資料としてお渡しして、その資料に基づきセミナーをおこなって行くのですが

 

 

神技望診治療セミナーで行う治療法にても

症状によっては、早い段階で「原因筋」はどこだ?ということを評価する方法を取っています。

 

 

いつまでも、筋肉を緩めたり筋肉を緩めながら骨格の歪みを取っていても

原因筋を先ずは見つけ出しながら治療をおこなって行った方が良いですから。

 

 

筋肉治療はどこの部位を基準として治療していけばいいか?

50肩(急性期)の患者さん。

どこを治療していけばいいと思いますか?

治療家の感覚的な部分が働く瞬間。

 

筋肉治療は、上記にも記しましたが治療法において「間違い」を出しても患者さんの身体には

負担を与えることはなく、またやり直しが効くんです。

 

 

逆に言えば、こういった失敗や間違いがあるからこそ治療家としての技術レベルが上がってくるんですよね。

こういった失敗があってこそ、成功があるからという気持ちで

ドンドンと治療家としての感覚的な部分を出して行けるのが筋肉治療なんです。

 

 

といっても、全部が全部、感覚で筋肉治療をおこなえばいいのか?という問題ではありません。

当セミナー・神技望診治療セミナーには、各症状において

マニュアルというものは確実にあり、そのマニュアルに沿って治療をおこなって行きます。

 

 

マニュアルに沿って治療をおこなって行けば

殆どの治療は成功します。例えば神技望診治療セミナーの技術を取り入れ、

感覚的な部分が分からないまま治療をしても、ある程度の症状は改善していきます。

 

 

そこ中で、「難しい」言われる場合は

マニュアルに沿っておこなっていないケースが多いです。

 

 

筋肉アプローチの時の施術者の姿勢やアプローチ法。評価法、などが問題になる可能性があります。

もし、このコラムを読んでいるあなたが、神技望診治療セミナーに興味がある場合

当セミナーの技術を確実に習得していくために、こういったことを頭の隅においてセミナーにさんかしてみてください。

 

 

そして、筋肉治療には体の一番重要な部位。要は評価していく部位。というものが存在します。

この、一番重要な部位とは、色々な症状を筋肉治療にて痛みを改善させていくのですが

 

 

もし、痛みレベルが改善しない場合、

この一番重要な部位を見てみる(評価してみる)ことが大事になってくるという意味合いになります。

 

 

 

症状というのは、すべての症状になります。

腰痛・坐骨神経痛・頚椎症・50肩などすべてです。

 

 

 

その重要な評価部位を動画出レクチャーさせて頂きました。

是非、動画でレクチャーしている部位を理解してみてください。

筋肉治療では結果を出すために、助けてくれる部位です!

☟             ☟

 

治療家を対象とした

筋肉弛緩セミナー日程が決定しました!

6月21日(木)12:00~18:00 残席1席のみ!

6月23日(土)12:00~18:00  満席になりました!

【 内容 】

1:フニャフニャになる筋肉弛緩法

(頸部~肩・腰部筋)座位・側臥位・腹臥位・仰臥位編

2:上半身と下半身を使った筋肉弛緩法

お申し込みはこちら⇒ 満席になりました!

———————————————

治療家セミナー(神技望診セミナー)の開催、

最初に参加する、筋肉弛緩セミナーの告知を先日させて頂きまして

わずか、数日で満席!

さぁ、その次の筋肉弛緩セミナーをお楽しみに!

 

筋肉治療で弛緩が上手く行かない場合の修正ポイント

☟            ☟

筋肉治療で弛緩が上手く行かない場合の修正ポイント