甲地直矢です。このコラムは、指圧あん摩マッサージ師・はり灸師

柔道整復師・整体師向けに

技術レベルを上げていく内容のコラムを記しております。

 

 

今日のコラムは、頚椎症治療に関して

とても有効な小円筋へのアプローチを考えて行こうと思います。

 

 

 

小円筋は、肩甲骨内に存在し、

大円筋、棘下筋とほぼ同じ位置します。

 

 

そして、実際臨床上、利用していくべき解剖学的視点ですが

 

・起始

・停止

・作用

 

 

この3つです。神経支配などはあまり、当セミナーの整体技術になると

考えて行かないので、先ずはこの3つを把握してアプローチをかけていければ問題有りません。

 

 

 

起始

肩甲骨外側縁から約3cm~4センチ内側に入ったところ

 

停止

肩関節の大結節

 

作用

肩関節の外旋

 

 

 

小円筋は特に、頸部・肩関節や腋窩など、

重要な部位に影響を与える筋肉です。

 

 
重症レベルの腰痛など、痛みの軽減や

上部胸椎にも影響を与える、

とても重要な筋肉なんですね。

 

 

 

 

しかし、残念なことに、

弛緩させたいけど

小円筋はなかなか弛緩できる筋肉ではありません。

 

緩みにくいんです。小円筋は。

しかも、ちょっとの刺激で痛い部位です。

 

 

 
小円筋は細い筋肉なので、強い刺激は痛いです。

見つけ方のポイントは

 

 

 

肩甲骨外側縁から

^^^^^^^^^^^^

約3センチほど内側に入った部分。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 
肩甲骨外側縁に

平行した形で見つかると思います。

 

 

 
分からなければ、

肩甲骨外側縁を基準として見つけていきます。

 

 

 
圧迫したり

強くガリガリしないよう

優しくアプローチが基本になります。

 

 

 

筋繊維に対して垂直に

アプローチをかけていきます。

 

 

 

右の小円筋であれば、右斜め上方。

左の小円筋であれば、

左斜め上方に圧の方向を定めて刺激していってください。

 

 

 

触察するポイントは、拇指で触察するのではなく

中指を中心にして、指の先端でおこないます。

 

 

先ずは、

肩甲骨外側縁から

^^^^^^^^^^^^

約3センチほど内側に入った部分。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

ここをとらえられれば問題は解決できると思いますので

やってみてください。