セミナー参加者の治療症例

ここでは治療家セミナーに参加した先生方の症例をご紹介させて頂きます。

吉岡正洋先生(整骨院院長)

【主訴】

頸部後屈25度の男性。頸部後屈時に下部頸椎に強い痛み。2日前から頸部の伸展痛が発症し次第に痛みが強くなる。

【視診】

肩関節内旋が気になる。横を見たりするときは頸部痛が強く体幹部も一緒に動く状況。

【触診】

肩甲拳筋・板状筋・上部僧帽筋・斜角筋群・胸鎖乳突筋など頸部〜肩の筋肉は硬直。
仰臥位で環椎、軸椎ともにRP気味。

【施術】

  • 肩鎖関節テクニック
  • 胸鎖関節テクニック
  • 横隔膜アプローチ
  • 胸鎖乳突筋、咬筋、上部僧帽筋の起始部、肩甲拳筋、菱形筋(下部僧帽筋の走行上ポイント)、広背筋・上三筋弛緩
  • 右手CM関節矯正テクニック
  • 右手MP関節矯正テクニック

technique01

すべて、セミナーで習った手技です。原因を最初に特定できたのが良かったです。

井田紀行先生(整骨院院長)

【症状】

上肢を拳上させると肩に痛みが走る。

【主訴】

右肩を拳上させると肩関節に痛み。
発症は2週間前ほど。
起床時に肩に違和感が走り、そのままドンドンと痛みが増してくるという状況。

【視診】

どの方向に腕を動かしても痛みが走る。屈曲90度から始める。

【 治療 】

治療家セミナーで確認した通りの治療の流れでおこなう。
検査とROMで評価。

  • 横隔膜アプローチ
  • 肩鎖関節テクニック
  • 胸鎖関節テクニック
  • 乳様突起アプローチ
  • 小胸筋(烏口突起部)・腕橈骨筋・大腰筋・腰方形筋・小円筋
  • 仙腸関節テクニック

technique02

肩関節ROMは予想以下の結果であったが肩関節の疼痛レベルは劇的に変化した結果となった。

今後の治療としては、どこで疼痛レベルが改善をしたのか?

もう少し時間をかけて原因を絞り込みたい。

丸山貴史先生(整骨院院長)

【症状】

左膝痛・歩行時に踵が地面に着き体重がかかると膝に痛み。

【主訴】

膝の痛み・病院や整形外科でリハビリを毎日行っている。多くの整骨院や鍼・治療院も通っている。

【視診】

1人歩行だとびっこを引く状態で左ひざをかばう。

反対側の中殿筋や大腿筋膜張筋が硬結した影響か股関節の動きも良くない。

【 治療 】

骨盤・仙腸関節のROMがない影響で股関節の外旋に影響を与えている。

今回はセミナーで理解した体の繋がりを利用したテクニックで改善を試みる。

  • 腸腰筋(トーマステスト陽性)
  • 梨状筋
  • 頸部筋背側の筋肉群
  • 仙腸関節テクニック
  • 横隔膜テクニック
  • PSISテクニック
  • 肩鎖関節テクニック

technique03

仙骨を緩めるというセミナーで習得したテクニック。

この治療が一番効果があった。理論通り鼠蹊部が緩むことで膝の疼痛レベルが劇的に変化。

臀部筋のスムーズな動きが回復し結果、股関節のROMも改善。

1人歩行がラクに出来る状態になった。

内田博貴先生(整骨院院長)

【症状】

棚の上の荷物を取ろうと右腕を伸ばした時に肩に痛みを感じ来院。

【主訴】

右肩関節の挙上痛・挙上で大結節から結節間溝ほどまで痛みがある。

【視診】

肩の屈曲が一番違和感がある。

85才ということで筋肉量は少ないが肩関節が内旋しているわけでもなく頸椎が前項しているわけでもない。

【施術】

解剖的アプローチを選択したのと、85才という高齢のため治療時間を短縮しました。

  • 長掌筋ポイント
  • 内側上顆
  • 腕橈骨筋
  • 拇指球筋
  • 広背筋

technique04

治療は約10分。肩関節ROMはほぼ改善。痛みレベル激減した。
ご本人が治療に驚いていたこと。ご満足されていたのでなおよかった。

次回からは痛みの戻りの治療を行っていく提案をした。

西村先生(鍼灸師)

【 症状 】

石灰沈着性との診断 肩関節周囲炎 50代の男性

【 主訴 】

肩の痛みが強い。夜間痛。

【 治療 】

解剖学的アプローチで肩関節ROM改善の変化が見られたため治療方法を絞り込む。

  • 三角筋
  • 腕橈骨筋
  • 背側骨間筋
  • 長掌筋
  • 小円筋
  • 広背筋
  • 大菱形骨矯正
  • 胸鎖関節テクニック
  • 肩鎖関節テクニック

施術時間は20分です。

石灰沈着性とのことなので治療方針と期待度はとても下がることを納得してもらう。

しかし、甲地先生に感謝です。正直、治療効果に驚きました。

次回は針とミックスさせた形で行ってみようと考えております。

善村嘉拡先生(かわち小阪整骨院)

( 症例 )26才男性 トレーナー業

【 主訴 】

  • 左肩甲骨辺りから上腕への違和感 しびれ
  • 左膝前十字靭帯損傷後の可動域制限。可動域制限とはいえ頑張れば正座できるぐらい

【 治療 】

  • 菱形筋—上腕三頭筋
  • しびれがあるので斜角筋—腕撓骨筋
  • 小円筋—菱形筋で
  • しびれもその場で少し軽減 次の来院時にはほとんど消失でした
  • 特に膝窩が痛むということで肘窩で検査
  • 膝が屈曲できたので、肘窩—僧帽筋
  • 正座OKになりました

technique06

新潟県 ほしの整体院 院長 星野豊博先生

昨年の7月頃から正座がしにくくなり、病院で治療をしていたそうです。

レントゲン検査では骨に異常は無く、痛み止めの注射を月に2回受けていたが全く良くならずに今日まで来たとのこと。

最近は、寝返りをする時にも膝が痛くて眠れない時が。

筋肉の痛み確認と調整をゆっくりと行いました。ご覧の通りバッチリ正座出来ました。

technique07

外側広筋にまだハリ感があるそうですが、日常生活には問題無いとの事で、「わー凄い!わー凄い!」と大変喜んで頂けました。

昨日の甲地先生からのご指導のお陰です。

昨日に話されていた承山と腓腹筋を内旋させるような方向にする治療法が見事に決まりました。

本当にありがとうございました。今迄一度も上手くいったことの無い膝痛。少し自信がつきました。

なかなか思う様な変化が見られなかったのですが、

 

最後に踵の腎臓点の近くですが、腰方形筋や起立筋、ハムスト、腓腹筋の調整でいきなり変化したのにはビックリしました!

 

それまでは、定石の外側広筋を攻めてみましたが、ある程度までしか膝痛が改善せず

側臥位になったりするとやはり痛みが出てました。

 

治療家セミナーでの甲地先生のお陰で起き上がりも本人が思わず口にしたくらいスムーズで、

今日は立つのが辛くて出来なかったそうですが、

「おぉぉぉ、立てたし伸びた!」と喜んで頂けました。

これに満足せずに、眈々と練習して行きます。

川嵜裕之先生(千葉県・柔道整復師) かわさき整骨院 院長

パソコン中に首を回したら突然の激痛で来院された方が昨日来院されました。

頚部の可動域は右回旋が辛うじてできる位でほとんどありません。

痛みの為涙を流されていました。

さっそくびびりながらも治療家セミナーで習得したテクニックをさせていただきました。

治療後は痛みが10から9位で自分の筋弛緩の精度の足りなさに落ち込みました。

今日その患者さんが来院されたのですが、痛みが昨日の夜まで痛かったが今日の朝起きて痛みが1くらいだというんです。

急性期の痛みがこんなにも劇的に無くなった経験はいままでなかったので鳥肌がたちました。

甲地先生本当にありがとうございます。

technique08

細萱紀行先生(名古屋県・柔道整復師)柏原健美接骨院

頸部の寝違え様の痛み(伸展、回旋制限)と腰部の痛みの方。

まず、左右の肩の高さを骨格調整し肩ラインを揃える。

腕橈骨筋・母指球・上部僧帽筋・斜角筋・小円筋・などの調整。

これで頸部伸展痛消失肩甲骨上角・棘上筋を検査で回旋痛消失。腰部の回旋痛・伸展痛広背筋で消失。

ですので腰は触っておりません。

2日後来院。頸部の痛み多少戻り痛み3。これでも満足でした。

又同じ施術を10分程やりOKでした。3回目。0でした。終了です。

(症例)

73歳の女性。

交通事故を1年前にやり左肩関節粉砕fr、左脛骨腓骨粉砕frの方です。

1年間、病院のリハビリをやってきて何とか歩けるようになりましたが、寝たきりだった事と精神的に少し参ってしまっていて 来院時は覇気がなくどうせい治らないと思っているとのこと。

来院時は酷い腰痛でぎっくり腰みたいな激痛が2ヶ月位続いていて、 寝たら最後、起き上がるまで5分位かかるそうです。 肩、下腿共にプレートが入ってます。

病院のリハビリで腰痛も診てもらっていたのですが、全く改善なし。検査は痛くてできませんでした。

座っての施術のみです。

腰部の基本施術と左上三で首、肩、肩甲骨周りを15分位治療をしてみました。

この時点で普通に歩かるようになってしまいました。

患者様は笑顔が出てきて、次に広背筋弛緩でベッドに寝る事が出来、再び腹部を徹底的に治療して終了です。

一番の問題の起き上がりが10?3になり起き上がることができました。

こんな感じです。今も通院されてますが、腰痛はスッカリ治り、今はリハビリをウチでやってます。

伊藤剛士先生(静岡県・柔道整復師) みやこだ接骨院 院長

一年前から左首から手にかけて痛みとシビレがあり毎朝手が浮腫む50才女性

(治療)

左肩が下がっていたので座位にて肩のラインを合わせるように右肩の調整この時点で左腕のシビレと痛み消失。

その後上肢の基本処置をして首を上に向くと左背中から肩まで痛みあり。

検査で同側の足部と下腿に問題がありそこを調整痛み7→4。

残りは顎の筋肉と手部を調整して痛み0で可動域も良くなりました。

仕事がら立ちっぱなしと手をよく使うのでそこらのセルフケアを指導しました。

池田征二先生 (大阪市・鍼灸師) 池田鍼灸院 整骨院

ぎっくり腰 11月27日

3日前の寒い雨の中作業シートをたたんでいた時ギクっ!となり暫く水たまりに膝をついたまま動けなかったという患者さんです。

その日病院に行くも検査と痛み止めの薬しかなかった為症状に余り変化無し寝るのも痛い!起きるのも痛い!座ってるのも靴下履くのにも難儀なんで3日間休みましたとの症状なので立位のまま動作分析!

 

  • やや前傾、疼痛回避姿勢、特に前屈と右側屈時に激痛!椅子に座ってもらい膝上げ→右上がりにくい!座位→立位時 太ももに手を押し当てる!
  • 痛みの軽減する場所を探そうと腰-臀筋の治療で前屈ほぼ変化無し
  • 大腰筋治療→前屈 側屈明らかに軽減!
  • 僧帽筋治療→更に軽減!患者さんの表情明るし(^ ^)
  • 骨盤-大腿-下腿で大腰筋弛緩、太もも、臀筋を治療→膝上げほぼ左右差無し!
  • もまだ前屈痛10→6程度 側屈痛10→7程度
  • 少し焦りを感じつつ上腕部の反応ポイントを使って僧帽筋治療
  • いっきに前屈痛10→3 側屈痛10→4程度に軽減!患者さんに笑顔浮かぶ
  • まだ側屈痛が目立つ為、後ひと息よ?と励まし広背筋、腹斜筋のラインをチェックし側屈してもらうと痛み更に軽減!
  • 広背筋、内転筋治療で側屈痛10→3に軽減

翌日来院時の問診で寝返り痛、起床時痛ほぼ消失。

も靴下履く時の動作痛や前屈側屈痛の戻り10→4とありましたが同様の調整で疼痛ほぼ消失!

月曜から仕事に行ける気力が湧きましたと喜んで頂きました。

このテクニックと出会って最初は苦労しましたが今では結果も出てくるようになり少しずつ分かってきたのが嬉しいです。

諸富英明先生(大分県・理学療法士) 治療院 「SIMPLEX」院長

(症例1)

X脚の方のレントゲン画像が変わってました!

主病名は恥坐骨骨折で入院された80歳代女性です。

2週ベッド上安静、4週後から歩行許可という過程をふんでいます。

安静臥床での入院翌日からの介入で、左画像から右画像への変化です。

この約1ヶ月半の期間、週4、5回ペースで施術をさせていただきました。

股関節、膝関節共に可動域は改善みられておりますが、膝関節に関しては屈曲制限(110度程)はまだありますし、歩行時はknee-in toe-outしてます。

短距離ではありますが、歩行練習で膝痛は訴えありません。

ご本人が難聴で詳細なコミュニケーション困難なため、ご家族からお聞きしたところ入院前は膝痛あったそうです。

検査の結果、治療した部位

  • 腹部(腸腰筋、横隔膜、腹斜筋)
  • 大腿筋膜張筋
  • 腸脛靭帯(遠位)
  • 股関節内転筋群
  • ハムストリングス
  • 膝窩筋
  • 腓腹筋

退院時も疼痛なく、またアライメントも改善してご本人とご家族に喜んでいただけました。

貴重な経験を得ることが出来ました。

レントゲンで骨格がはっきりと変化するのは驚きました。

このテクニックはすごいテクニックです。いつも助けられています。

(症例2)

60歳代女性 診断名 右肩腱板断裂 医師の指示 「ROMexを中心に」

職業 予備校寮の厨房 2週間前に右肩打撲して右肩挙上時痛 生活動作の主訴は「汁物の鍋をかき混ぜる動作が辛い」です。

  • 肩屈曲90度?100度で違和感(可動域は170度)。肘屈曲を伴って肩屈曲する特徴あり
  • 長掌筋で違和感消失。170度で軽度疼痛
  • 外転170度で疼痛
  • 右大腰筋で180度でも疼痛なし。屈曲で確認しても疼痛は消失
  • 所要時間は20分くらいだったと思います

週1で来てもらって、これまでに計3回施術してます。自重でですが鍋をかき混ぜる動作をやってもらって疼痛はありません。施術後の検査で「ちょっと良い」となって、弛緩の精度を考慮してさらに同じ部位を施術したら更に改善がみられました。なのでこの方に限らず最近は「念入りに」を心掛けてます。

井上智世先生(大阪・セラピスト)

男性 30代後半 治療家

【症状】 右側外側上顆炎 以前、ガードマンの仕事をしていた際、 交通誘導時、肘関節屈曲位のまま腕を振り続けた事により発症。 痛めてからしばらく経つが、痛みが残っている。 回内回外も痛むが、屈曲時に特に痛みが強い。

  • イベントでの治療の為、座位で10分のみ。
  • (屈曲痛) *内側上顆・・・検査時のみで、痛みが10→2。 調整後は屈曲のみならず、回内回外の痛みもほぼ消失。
  • クライアント自身驚きと共に、色んな方向に動かす中で、肘関節伸展時に痛みが現れる。
  • (伸展痛) *腕橈骨筋・・・変化なし *母指球調整で10→6 *小円筋調整で残りの痛みもほぼ消失。

施術後イベント終了まで数時間。 イベント終了後手を動かし、痛みがない事をアピールしながら喜んで下さっていました。私自身も検査のみで痛みが大幅に軽減した事、 方向・圧などきちんと決まれば、これだけの変化が現れる事に驚きを隠せず。短時間で結果を出せて、良かったです。

治療家セミナーのテクニックの症例別施術法

エステやアロマなどリラクゼーションにも対応

  • オイルマッサージをしながら神技整体テクニックを取り入れ筋肉を治療させていく(初級・中級セミナーの内容で十分対応可能です)

肩甲骨周囲炎(40肩.50肩)

  • 前腕部分で拳上・股関節で拳上・アキレス腱で拳上・足首(反対側も含む)で拳上
  • 反対側の外腹斜筋で拳上 他

ギックリ腰

  • 恥骨調整で歩けるようにする・頸椎の調整で歩けるようにする・大腰筋の調整であるけるようにする 他
  • しびれ
  • 前腕の調整で消失・咬筋調整で消失・足の第1指と2指の背側骨間筋で消失 他

セミナーのシステムを知りたい方はこちらから

⇒ http://massage-shiatsu24.com/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0/