今日のコラムは、神技望診・筋肉治療セミナーの

主なテクニックの内容についてのご質問にお答えしていきたいと思います。

ご質問の内容の公開はご本人の許可済みです。

 

治療セミナーなどの技術系セミナーになるとある程度の問題で

「出来る」「出来ない」という問題が発生してきます。

 

今日のコラムは、神技望診・筋肉治療セミナーについてのご質問にお答えしようと思うんですが

その内容も「出来る」「出来ない」という問題になります。

 

 

神技望診・筋肉治療セミナーでは今までも本当に多くの先生方やセラピストの方が参加されました。

その中でも、「出来る」「出来ない」の問題があったのですが

 

 

「出来る」人にも共通点がありますし、

また、「出来ない」と言う人にも共通点があるような気がするんですね。

 

 

技術系セミナーを主催させていただいている甲地としては

皆が皆、出来るようにしていく事をまず第一に考えますし、行動をして行きます。

 

 

その中でも、ご本人の意思や行動を遮ってまで甲地の意見を押し通すことは

当たり前ですが出来ないわけです。

 

 

多分ですが、これは神技望診・筋肉治療セミナーでなくても同じだと思うんです。

そして、これから技術系セミナーに参加しようと思っている先生方、セラピストの方は

じつはすごく重要な部分なのではないかな?とも思うんですね。

 

 

もちろん、「出来る」を前提に考えて行きますが

「出来ない」場合、どういった考え方をもって行動をして行けばいいのか?ということも頭に入れて参加されることは悪くないと思うんですね。

 

 

沢山の技術系セミナーがあると思いますが

こういったことを述べている所は少ないです。

 

そのため、参加者が自分自身で判断をして行くしかなかったり

技術系セミナーに参加するための考え方なども分からぬまま

 

「とりあえず参加してみよう」的な参加を繰り返している事も無きにしも非ずです。

 

 

どうでしょう?「とりあえず」で技術は習得できますでしょうか?

元より、「とりあえず」で世の中の大事なものを手に入れることが出来ますでしょうか?

 

 

気持ちが物事を引き寄せる。要は引き寄せの法則を考えると

「とりあえず」的な考えは、パワーが半減した状態であるため、

 

 

酸いも甘いも知ることが出来ないため、

それなりの事を習得したのみでそこから先という新しい展開や

世界をしることは確率的にはむずかしくなるのではないでしょうか?

 

 

神技望診・筋肉治療セミナーへのご質問内容をご紹介

 

甲地のもとには、ほぼ毎日と言っても良いくらい治療家セミナーに関して、またもう一つおこなっている

指圧マッサージ・ボディケアセミナーへのお問い合わせが経験者の方から確認をしております。

本当にありがたく、そのお問い合わせは甲地の宝として保存しているくらいです。

 

 

それを踏まえてなのですが、今日のテーマでもあるご質問にお答えします。

そのお問い合わせの内容なのですが、

 

「これまで色々な技術系セミナーに参加してきましたが、

甲地先生の筋肉治療セミナーは私にも出来ますでしょうか?」

 

 

という内容なんですね。今日の動画レクチャーでも甲地なりのお答えをさせて頂きました。

じつは、この記事を書くのは、動画配信をする時間とタイムラグがあり

動画配信の後になるのですが、

 

 

動画配信をした後に、その動画レクチャーを見た、

以前各治療法セミナーに参加した先生からご連絡がありまして

 

「甲地さん、考えすぎですよ」みたいなことを連絡頂いたんですよ。

 

 

でもね、考えますよ。マジで。だってせっかくご縁あったことだし

なにわともあれ、お問い合わせをいただいた方は、相当な気持ちをもって甲地に相談メールを打ったと思うんですね。

 

その気持ちを考えると、やっぱ正直に考えて言わないと。と思ったんです。

 

 

話を戻しますが、技術系セミナーに参加する以上

どんな考えでその技術に対して行動を起こしていくと、

セミナーでおこなう内容を本当の意味で習得できると思いますか?

 

 

「真剣な人の参加を求めます」

 

という曖昧な言いかたをしている主宰者側って結構いらっしゃると思うんですが

その前に、技術系セミナーに参加すること自体が真剣に考えている行動だと思うし

それからどうするか?なんですよね。

 

 

技術系セミナーに参加したら

 

治療系セミナーと言うのは、出来るだけ1つの技術にまとめる必要があると思うです。

何でもそうですが、少しずつのピックをしても結局メインとなる手技があってのことだと思うんですね。

 

 

そのため、1つの技術を極める。という考えであり、行動をしていく事がおススメです。

神技望診・筋肉治療セミナーでは、メインはそうです。筋肉治療です。

 

 

筋肉治療をおこなう上で、すべての症状や技術系のそれぞれの治療をおこなって行きます。

たとえば、筋膜治療や神経系テクニックの矯正系もです。内臓や自律神経の治療もおこなって行くんですね。

 

 

なので結果的に、各症状別を多くの観点や見かたから治療が出来てしまうんです。

ものすごい治療が出来る範囲、広いですよ。その分、筋肉治療にはそれなりにマニュアルが存在しております。

 

 

動画では、基本セミナーである筋肉弛緩についてレクチャー、

そして参加に関してのお勧めな方法、そしてご質問に対しての甲地のお答えを述べさせていただきました。

 

 

神技望診・筋肉治療セミナーに特化しているわけではなく

技術系セミナーに参加するうえで、あまりこういったことを主催者側の方が述べていないかもしれません。

でも、あえて言わせていただきました。

☟            ☟

 

治療家を対象とした

筋肉弛緩セミナー日程が決定しました!

6月21日(木)12:00~18:00 残席1席のみ!

6月23日(土)12:00~18:00  満席になりました!

【 内容 】

1:フニャフニャになる筋肉弛緩法

(頸部~肩・腰部筋)座位・側臥位・腹臥位・仰臥位編

2:上半身と下半身を使った筋肉弛緩法

お申し込みはこちら⇒ 満席になりました!

———————————————

治療家セミナー(神技望診セミナー)の開催、

最初に参加する、筋肉弛緩セミナーの告知を先日させて頂きまして

わずか、数日で満席!

さぁ、その次の筋肉弛緩セミナーをお楽しみに!

 

肩関節周囲炎の治療における三角筋後面繊維痛ポイント

☟           ☟

肩関節周囲炎の治療における三角筋後面繊維痛ポイント