治療セミナー(神技望診セミナー)では各症状別治療法で

腰痛治療がテーマにあります。

 

 

この腰痛治療法セミナーですが

・慢性腰痛

・坐骨神経痛と梨状筋症候群

・下肢のしびれ

 

などの治療法を一緒におこなっていく治療セミナーなので

参加者の先生方からは結構好評をいただいているんです。

 

 

治療家となると、逆に腰痛専門院として

腰痛のスペシャリストの先生が多いですよね。

 

 

なので、今さら治療セミナーで取り上げなくてもいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、治療家にとって「腰痛治療」は原点であり

治療の基本。要は腰痛治療の精度やレベルが落ちるということは

自分の治療レベルが下がっていると評価の対象になるような存在じゃないですか?

 

 

当セミナー(神技(望診)治療セミナーの腰痛治療法は筋肉治療として

正直に言うと全体的なアプローチを見ると「シンプル」な部類に入ると思います。

 

 

視診(東洋医学でいうと望診)⇒ 検査 ⇒ 治療 ⇒ 再評価

 

至ってシンプルでしょ?

この流れ以外はないので、神技(望診)治療セミナーが初めての先生でも

スンナリと技術を習得できるのが大きな特徴であり、

また自分の現在おこなっている治療法において、デメリットな部分を解消できる点も大きいです。

 

 

筋肉治療となると遠隔での治療も多々あります。

身体を1つの塊と考え、部位に囚われずまた、症状に囚われず

全体的な視診(望診)から治療をしていきます。

 

 

手首の治療で腰痛が治ってしまったり

少しだけ筋肉が硬結している前脛骨筋の治療で腰痛が治ってしまったり。

 

 

治療家にとってはとても面白い治療法だと思います。

何でそこまでが出来るのかと言うと、何点か考えられますので挙げてみたいと思います。

 

・視診(東洋で言うと望診)から評価していく。

・検査が神技(望診)治療セミナーのエビデンスに基づいている

・痛みの原因を評価して治療するため間違いがない。

 

という3点が挙げられます。

要は、エビデンスに基づきながらも予想ではなく

検査により評価することで間違いのない選択をおこなうことが出来て治療ができるいう

介入しやすいメリットが考えられます。

 

 

また、患者さんに対しても筋肉治療ということで

捻ったり、強い力で押したり、急激なスラストをおこなったりせず

非常に高いレベルでの安心感を与えることが出来ます。

 

 

 

治療効果が高く、尚且つ安心感を与えられる治療法のため

劇的な腰痛の効果があった場合は、紹介や口コミなど発生しやすく

多くのリピーターや新規客を技術だけで取り込めるのも特長です。

 

 

 

今回は、治療家セミナー(神技望診セミナー)の腰痛治療として

慢性腰痛の治療法はどのような考え(エビデンス等)を持ち

どのような治療をおこなって行くのかをご説明させて頂き、

今ある、先生の治療と比べて欲しいと思います。

 

 

治療家セミナー(神技望診セミナー)の腰痛治療に対する考え方

 

当セミナーの腰痛治療はユニーク。

座位で腰痛を治したり、遠隔治療でおこなう方法も習得する。

 

神技(望診)治療セミナーの治療法の考え方を何点か上げてみたいと思います。

 

1)患者さんをどの体勢でも治療が出来るよう習得する。

 

神技(望診)治療セミナーの治療法の理念として基本的に

 

「どの体勢でも治療が出来るように」という考え方があります。

 

 

理学療法士の先生とはり灸の先生は現場の状況が違いますし

患者さんの状況も違うため、1つの治療法を習得する時に

 

 

 

現場の状況や患者さんの状況がどんな状況でも

神技(望診)治療セミナーの治療が使えるようにするために

どの体勢でも治療がおこなえるようにセミナーではおこなっているんですね。

 

そのため、上の写真、当セミナーの風景ですが

腰痛治療なのに、座位で治療したり又は、

立位で急性腰痛(ぎっくり腰)を治療したりします。

 

もちろん、施術ベッドを使って腹臥位・側臥位・仰臥位の治療法もやります。

どの体勢でも治療が出来るって意外にすごい臨床で使える技術になるんですよね。

 

 

2)基本の治療と応用の治療

 

これは当セミナーで使っている治療の順番と治療のカテゴリーを意味しています。

どの症状に対しても「基本治療」「応用治療」のカテゴリーと順番は変わりません。

 

腰痛も同じです。基本治療とは腰痛でも

坐骨神経痛や梨状筋症候群、変形性膝関節症からくる腰痛など

様々な腰痛がありますが、基本治療は症状に関わらず

同じ部位を治療していきます。

 

 

基本治療で症状が改善、または治ってしまうことも多々あります。

今回ご説明させて頂いております、慢性腰痛治療に関していえば

この基本治療だけで終わることが本当に多く、

 

臨床では、慢性腰痛の患者さんを治療することが多いと思うので

基本治療はとても重要で、全部習得するのですが

あえて言えば、基本治療は何度も技術チェックと臨床経験を積んで

いつまでも勉強していく価値があり、レベル向上のモチベーションはいつまでも持つことが大事なポイントだと言えます。

 

 

腰痛治療の「基本治療」について

 

基本治療とは、腰痛でもどの症状名でも同じ部位を治療する処置をする。

とご説明をさせて頂きました。

 

今回は、慢性腰痛を考えてテーマにしているため

慢性腰痛の基本治療を考えたいと思います。

 

1)腰部筋

 

腰部筋のスパズムが起きていないか?腰部筋に対して触察~治療を考えて行きます。

腰部筋の筋肉が過緊張を起こしている場合、骨盤の動きが悪くなり多くの障害を引き起こしますよね。

 

 

そのため、腰部筋治療には時間をかけて行います。

甲地の治療で腰痛で上手く治療が行かない場合は、先ずこの腰部筋への治療が不十分な場合が多く

今まで当セミナーに参加していた先生方には、

この腰部筋への治療は結構アドバイスをさせて頂いています。

 

 

腰部筋は、時間をかけて治療をすれば良いのですが

現実的にそこだけに時間をかけていくわけにも行きません。

保険治療をおこなっている先生。原因が他にある場合。

やはり、腰部筋に時間をかけると言っても限度があります。

 

 

なので、当セミナーでは腰部筋治療に対してもポイントを見ながら治療していく。

と言う感じで技術を理解していただき、普段の臨床に役立ててもらっています。

 

その中の1ポイントを今日の動画でレクチャーしています。

ページ下に動画を張り付けていますので、是非チェックしてみて下さい。

腰部筋から凄い近いので、腰部筋治療からの流れで出来ます。

 

 

2)仙骨・又は仙腸関節

 

仙骨や仙腸関節などを見ます。まぁ腰痛治療の王道と言っては王道です。

当セミナーも例外ではありません。

 

やり方は同じではないかもしれませんがアプローチする部位や考え方は

基本的には同じなのが「基本治療」だと思って頂ければいいと思います。

 

 

仙骨と記しましたが、仙骨上の筋肉。

広背筋や脊柱起立筋群など筋肉もアプローチします。

慢性腰痛であれば、この時点で治ってしまうこともあります。

 

ただ、痛みの戻りを考えるとやはり。。。

 

3)腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)

 

王道です・・はい。

やります。絶対です。筋肉治療に特化している当セミナーでは

腸腰筋治療に関しては多くのコンテンツを持っています。

 

参加している先生がどの方法が自分に合っているのか?

患者さんの体勢や体形により腸腰筋治療のアプロ―チを変えて行けるよう

腰痛治療セミナーでは種類をお伝えしています。

 

では、上記に記しました腰痛治療における腰部筋へのアプロ―チで腰部筋と同時に是非治療してほしいポイントをご説明している動画をご紹介します。

実施、本当にその存在を認識できる小さなポイントです。

 

そのポイントはココです!

☟            ☟

 

医療国家資格保持者・治療家・スポーツトレーナーを対象とした

筋肉弛緩セミナー日程が決定しました!

6月21日(木)12:00~18:00 満席になりました!

6月23日(土)12:00~18:00  満席になりました!

【 内容 】

1:フニャフニャになる筋肉弛緩法

(頸部~肩・腰部筋)座位・側臥位・腹臥位・仰臥位編

2:上半身と下半身を使った筋肉弛緩法

お申し込みはこちら⇒ 満席になりました!

———————————————

治療家セミナー(神技望診セミナー)の開催、

最初に参加する、筋肉弛緩セミナーの告知を先日させて頂きまして

わずか、数日で満席!

さぁ、その次の筋肉弛緩セミナーをお楽しみに!

 

 

【肩関節周囲炎】痛みの原因を特定する検査法ポイント

☟            ☟

【肩関節周囲炎】痛みの原因を特定する検査法ポイント